ホットワインと明日の夕飯 as

#メイコさんに美味しいものを作ってあげたいルカさんの話。
#ホットワインと明日の夕飯のルカ視点。
 

 
ホットワインと明日の夕飯 as
 
 今日のメイコさんは多分調子が良くない。
 朝から何となくそう思っていて、ただいまと言った声のトーンで確信した。もしかしたら、私が無残に焦がした夕飯のクロマグロのソテーが追い打ちをかけたかも知れない。
 メイコさんは、普段ならゆっくりお酒を楽しんでいる寝る前のこの時間に、誰もいないリビングのソファで抜け殻のようになっていた。リビングと床続きのキッチンに私がいても気付かないくらいに。
 これは重症だと思いながら、戸棚にしまってあったライトボディのワインを二杯、ミルクパンで火にかける。
 アルコールが飛ばないようにできるだけ弱火で、メイコさんは甘いお酒が好きではないから、お砂糖や蜂蜜は使わずに、オレンジは皮だけをすり下ろして、シナモンパウダーを一つまみ。
 眠れない夜にはこれが良いのだと、ホットワインを私に教えてくれたのはメイコさんだけれど、最後にジンジャーシロップをほんの少しだけ入れるのは内緒の隠し味。
「どうぞ」
 そっとメイコさんの前にグラスを置いて、隣に座る。そこまでしてようやくメイコさんは私を認めて曖昧に微笑んだ。やっぱり重症だ。
「今日は上手に出来ました」
 こんな夜に二人で並んで飲むお酒は、おいしければおいしいほど良い。メイコさんはお酒がおいしいと、とても幸せそうな顔をする。
「うん。美味しい」
 ほら、やっぱり。メイコさんのその顔が、私はすごく好きだなあ。
 だからメイコさんの好きなものは、何でも上手に作れるようになりたいと思う。今日みたいな夜は特に。
 それから私の好きなものも、いつかはメイコさんに美味しく食べてもらいたい。
「お嫁さんにいかがですか?」
 そうしたら、もっとたくさんメイコさんのためにご飯を作れるし、メイコさんが落ち込んでいるときにはいつも側にいられるのに。
「よく言うわよ」
 おかしそうに、おいしそうにワインをすするメイコさん。
 これはやっぱり、明日こそメイコさんに美味しいお魚を食べてもらえるように頑張らないといけない。
「明日は一緒に作ろうか、夕飯」
 さっそく明日の夕食を思案していたら、不意にメイコさんがそう言った。ああ、メイコさんのそういうところも、すごく好きだなあ。
「早く帰ってきて下さいね」
 遠慮がちに言うと、メイコさんは嬉しそうに笑ってくれて、明日はきっと上手くいくような気がした。