その、強さの為に

#貴方の腕の中は、こんなに居心地がいいんですもの。
#ノースシティの通常PAです。
 

 
 
 その、強さの為に
 
 泣かない女だと思っていた。
 例えば男を相手に啖呵を切る気丈さが、例えば無遠慮に人を巻き込む奔放さが、例えば過ぎた出来事に拘らない潔さが、彼にそう思わせていた。
 それが賢しく巧妙な彼女の、周到な生き方の成果なのだと気付ける程には、同じ時間を共有した。
 その姿を目で追い、言葉を交わし、根気よくその思慮を推し量ってきた。
 
 思えば、随分と遠くにまで旅をしてきたものですわね。
 
 こんな風に、誰にともなく発する彼女の独白を、彼は聞き流すべきではない。
 気付かれたくないから、気付かれない言い方を選ぶのだと言うことくらい、もう彼は分っている。
 そうして本音に掛け金をかけて、きっと彼女の心は泣いていると、分かっている。
 
 珍しいな。ホームシックか。
 そうかもしれませんわ。
 随分と素直に認めるんだな。
 
 空はとうに陽が暮れかけて、東が茄子紺の色をしていた。
 鈴を転がすような虫の音が、窓越しに鳴っていた。
 恐ろしい、と彼女は言った。
 よく知った故郷の景色に似ていることが、恐ろしいと。
 
 ここには、私を知っている人が誰一人いない。私の知っている物が何一つない。
 それがこんなに恐ろしいことだなんて、知りませんでしたわ。
 
 彼女が小さな箱を手に取ると、途端に部屋の明かりが点いた。
 洋灯を模した、それは故郷と似て非なるもの。
 失われた過去を懐かしんで、それに良く似た、似て非なるものを造り出しているのだと、聞いたことを思い出す。
 この街が、この世界そのものが、彼らが生きていた世界に良く似た、しかしまるで違う世界なのだ。
 それが恐ろしいと彼女は言った。
 それは彼がこの世界に漫然と抱いていた畏怖そのものだ。
 不機嫌を装って隠す彼と、寛裕を装って隠す彼女は、異なるようでよく似ている。
 
 俺はお前と同じ国で生まれた。
 お前と同じ国で育ち、同じように世界中を旅して、今は同じ街にいる。
 俺がお前を知っているし、お前の知っている物を俺も知っている。
 
 だから彼にはほんの少し、一緒に背負うことができる。
 彼女がこの世界に感じている孤独を、虚無を、悲嘆を。
 そこから目を背けて、恐らく彼女が望む通りに、何も知らない振りをすることもできる。
 
 困りましたわね。私、あなたのこといけ好かない男だと思っていますのよ。
 知っている。前にも聞いた。
 
 そうして彼は従容と微笑う。
 彼女の隣に立つ時に、いつもそうしてきたように。
 
 不本意か。
 ええ勿論。
 
 そうして彼女は悠然と微笑う。
 彼の腕に捕われる度に、いつもそうしてきたように。
 
 でも、もう降参ですわ。
 貴方の腕の中は、こんなに居心地がいいんですもの。
 
 何処か他人事のように、誰にともなく発する彼女の独白を、彼は敢えて聞き流す。
 それでも泣かない女なのだと言うことくらい、もう彼は分かっている。
 それが賢しく巧妙な彼女の、周到な生き方の成果なのだと分かっているから、この先も同じ時間を共有する。
 その姿を腕に抱き、言葉を引き出し、注意深くその思慮を推し量る。
 そうしていつか彼女が涙を零す時に、やはり彼女が望む通りに、何も知らない振りをするだろう。