君と歩く街

#都会の喧騒は、誰もが幸せそうで悪くない。
#強制しないセリーヌの強制力。
 

 
 
 君と歩く街
 
 クロスの城下町はいつだって賑やかだ。
 日中のバザールはその最たるもので、野菜や花や小間物や、それらを求める人々や、活気がいいのは何よりだが、この往来が俺は苦手だった。
 人ごみを歩くのは嫌いだ。
 足早に、人を縫うように進んでも、必ず目に、耳に入る。
 声を潜めて話す男たち。無遠慮に喧しい女たち。
 どうやら俺は、自分で思っているよりも過分に目立つらしい。
 長い髪のせいだろうか。背丈のせいだろうか。
 何にしても、息苦しい。
 故郷の村はそれなりに田舎で人も少なく、だから村を出るまで知らなかった。
 都会の喧騒の中で生きていくことに、きっと俺は向いていないのだろう。
 普段なら寄り付かないバザールを、それでもわざわざ歩いているのは、探し人が恐らくここにいるからだ。
 この往来の先の、ひときわ派手な宝石商か、あるいはその先の辻を曲がった古物商か。
 行き交う人々の向こう、昼下がりに似合いの盛況を呈する宝石商に、嗜好の分かりやすい彼女を認める。
 ほとんど同じタイミングで、こちらに視線をよこすと彼女は軽く手を振った。
 これだけの人の中で迷いなく俺を見つけたことに苦笑する。
 やはり俺は目立つのだろう。
 けれど、彼女も目立つ。
 
 
「人ごみを歩くのは嫌いかしら」
 思い出したようにセリーヌが言った。
「そう見えたか」
 オープンテラスに面した公園の、老夫婦が散歩する様子を何とはなしに眺めていたディアスは、唐突に言い当てられて苦笑する。
 疲れたから休憩、と言ったのはディアスではない。
 比較的空いている公園通りの喫茶店を選んだのも、日に焼けそうだと言いながらオープンテラスを選んだのも、ディアスではないが、セリーヌに言わせれば、ディアスの方こそ嗜好が分かりやすい。
「いいえ」
 自分で聞いておきながら妙ないらえを返すと、セリーヌは意味深に笑った。
「嫌いと言うよりは、面倒くさそうに歩いていましたわ」
 言いながら、アイスコーヒーに浮かぶ氷をストローでつつく。その所作に合わせてカラカラと鳴る音が、新緑のこの季節によく似合うとディアスは思った。
 嫌い、を、そうでなくしてしまうのがセリーヌは得意だ。
 いつだってそれは、例えば空になったアイスコーヒーを、もう1杯いかが、と勧めるような気安さでディアスに訴える。
「よく見ているな」
 老夫婦が通り過ぎた脇の池で、少年たちが小さな帆船を浮かべてはしゃいでいる。自分にもそんな頃があったと懐かしく思う。どこの街でも変わらない。
「まあ、それなりに長い付き合いですから、ね」
 そう言ってセリーヌは微笑んだ。とても愉しそうに、とても嬉しそうに。
 
 
 そろそろ陽が傾き始めていて、夕暮れを控えたバザールの客層が変わっていた。
 夕食の食材を求める女たちが、所々の店の軒先で談笑を交わしている。
 酒場へ向かう男たちが、連れ立って豪快に笑いながら闊歩する。
 だからと言って、人の減る様子がない往来を、足早に、人を縫うように歩きたがる俺は変わらない。
 けれど、この息苦しい街を、彼女と歩くようになって知ったことがある。
 振り返って口笛を吹く男たち。ため息交じりの会話をする女たち。
 彼女は多分、俺よりも目立つ。
 元々背が高いのに、どうしてか踵の高い靴を履きたがる。
 銀青の珍しい色の髪が、鏡のように陽射しを弾く。
 街を歩けば誰もが彼女に目を留める。
 そうして彼女は、そんな視線を気にも留めない。
 些末なことだと言わんばかりに、背筋を伸ばして堂々と歩く。
 釣られて俺も、ゆっくりと歩く。不思議と息苦しさが消える。
 見渡した往来は、都会の喧騒は、誰もが幸せそうで悪くない。